紋屋紋屋
  
  

大いなる流れに身を任せ、自然体で過ごす贅沢

人の縁を紡ぎ、流れに身を任せて今に至る

農泊をはじめるきっかけは「自然な流れ」です。大それた大義名分があるわけでもなく、自分がやりたいことに身を委ねていたら、流れ流れて今に至るという感じです。現在の屋号にも使用していますが、私たちはもともと着物に紋を入れる仕事をしていました。その仕事の関係で「奥三河に空き家になっている家があるのだけれども、一度見ないか」と誘われ、一目で気に入ってこの家に越してきました。以前は豊川に店舗があって、そこで商いをやっていたのですが、休日ごとに奥三河に足を運び、自分たちでコツコツ家を改修しました。全てが自然の流れというか、人のご縁でここに導かれた気がします。

紋屋

奥三河の大自然が心を開き、人々をやさしくする

農泊の楽しさは、泊まりに来る人々との交流です。互いの人生経験を語り合ったり、歴史の話に花が咲いたり、生きている環境も価値観も違う人たちの人生に触れるのは本当に楽しいです。もしかしたら奥三河の大自然が心を開き、互いを受け入れるおおらかさをもたらしているのかもしれません。先日はアジアから来ている留学生と甘酒をいっしょに作りながら、それぞれの国の文化や習慣について語り合いました。

四季折々の大自然を心ゆくまで満喫する

四季折々の大自然を

奥三河の魅力は、何と言ってもこの大自然です。人工的な音は一切聞こえず、耳に届くのは、樹々が触れ合う音や鳥のさえずりなど、心地よい音ばかり。農業体験で土に触れたり、草木に触れたり、そういうナチュラルな時間を過ごせるのが最大の魅力です。少し足を延ばすと、昔、安倍晴明が修行をしたという伝説も残っている「阿寺の七滝」という美しい滝もあります。奥三河の魅力は語りつくせないのですが、初夏に見られる「蛍の舞」は圧巻です。闇夜に無数の蛍が飛び交う光景は誰もが感動すると思います。冬はつららを折って、それを氷代わりにしてウィスキーを飲むというロマンティックな体験もできます。

紋屋
紋屋
紋屋
紋屋
紋屋
紋屋

詳細情報    

1.農泊について

民泊の名前 峠の茶店 紋屋
住所 愛知県新城市下吉田字小河内17-1
連絡先 0536-29-9201
MAP

2.料金について

1泊2食(夕食・朝食) 大人 7,000円
1泊2食(1名利用時) 大人 8,000円
1泊1食(朝食のみ) ×
1泊0食(素泊まり) ×
体験費用 大人 1,000円
体験内容 切り絵
連泊料金(2泊以上)
定員 5名まで
備考 原則お子様お断り   0歳〜4,000円、小学生以上 7,000円

3.チェックイン・チェックアウトの時間

チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00

4.宿泊が可能な日・曜日など

月曜以外は一応OK

5.その他注意事項

  • 入浴は民宿から車で約15分の湯谷温泉「ゆ〜ゆ〜ありいな」を利用することも可能です。
  • 入浴用のタオル,洗面用具・タオル,寝間着,歯ブラシ等は、各自ご持参ください。
  • 山間地域の為、携帯電話の電波は非常に微弱です。あらかじめご了承ください。
  • 農山村地域の一般的な家庭です。
    薪ストーブや囲炉裏なども日常的に利用します。特にお子様はご注意ください。
  • 公共交通機関の乏しい地域です。可能な限り自家用車やレンタカーなどでお越しください。
    日によっては最寄駅(JR飯田線「三河大野駅」または「本長篠駅」)まで送迎が可能な場合があります。
    お問い合わせください。
  • アレルギーや宗教上召し上がれない食材等がある場合は事前にお知らせください。
  • Wi-Fiあり
  • お部屋の物品、破損などは弁償料金をいただきます。
  • 全室 禁煙です。
  • 入浴は、21時までに済ませてください。
  • カードの使用はできませんので、支払いは現金でお願いします。

6.民泊の特徴・お客様へのメッセージ

民泊の特徴・お客様へのメッセージ

日頃のつかれなどを忘れ、のんびりとしていただける場所です。お子様のお断りもそのためですので、ご了承くださいませ。

【電話受付時間】水・日曜以外の9:00~17:00

農泊・奥三河をあじわう
登り窯
奥三河はこんなところ
古民家に住まう
組織概要
お問い合わせ

Page
top